情報商材は繰り返し読むのが重要

どうも、ふみたんです!

最近久しぶりに昔買った情報商材を読み返したのですが、
繰り返し読むことの大切さを改めて認識しました。

これは情報商材に限らず本や動画や音声にも言えることですが、
一度読むとそれだけで満足し、2回目以降読まなくなるんですよね。

でもこれってすごくもったいないことなんです。

 

満足するのは構わないのですが、
やはり実践しないと意味がないんです。

そもそも商材読んだだけで成功できるなんてありえないですからね。

実践して初めて成功に一歩近づくのであって、
それができないならハナから読まないほうがいいです。

時間の無駄になるだけですからね。あとお金。

 

で、ここからが結構重要で、
実践すると必ず壁にぶち当たるポイントが出てきます。

人によってどこがその壁かは様々ですが、
その壁を越える努力をしなきゃいけません。

 

その壁を乗り越える方法はとにかく実践するしかないのですが、
ときどき立ち止まってもう一度商材内容を読み返すというのも非常に効果的です。

 

なぜかというと、実践前の自分と実践後の自分は別人で、
同じものを見たり聞いたりしてもそこで学ぶ内容に差が出るからです。

ここで言う別人とは人格が摩り替わったとかそういうものではないですよ。
ギニューのボディチェンジみたいな。

 

「こいつ、地球で戦ったときとはまるで別人だぞ」

 

という感じで本人の成長のことを言います。

 

ロールプレイングゲームに例えたらわかりやすいかな?

商材内容を実践する前のレベルを1、
ある程度実践してレベル3になりました。

レベル3から先に進めなくなってしまったあなた、
もう一度町の住民に話しかけて情報を集めます。←商材を読み返す

 

しかし、どの話も聞いたことのある話ばかり。

「うーん、どうやって進めればいいのだろうか?」

あなたは途方にくれ、
たまたま近くにあった武器屋へと入ります。

 

その武器屋には屈強な男がおり、
壁に飾られた剣や斧を眺めています。

「これが最後だ、これでダメなら王様のとこ行って冒険の書を記録しよう」

あなたは最後の望みをかけて、その男に話しかけました。

 

男は熱く語ります。

 

 

 

武器や防具は持っているだけじゃダメだぞ!ちゃんと装備しないとな!」

 

 

 

そう、あなたは武器を装備せずに魔物に戦いを挑んでいたのです!

これじゃ先へ進めないのは当たり前。

 

あなたはふくろの奥から「どうのつるぎ」と「たびびとのふく」を取り出し、
しっかりと装備して魔物がはびこる西の洞窟へと旅立ちました。

fin

 

はい、すっげーくだらないですね。
自分で言っておいてこれはないと思います。

僕の言いたいこと伝わりましたかね?

 

要は実践することで自分のレベルが上がっているので、
そこで商材を読むと別の角度から新たな気づきが得られるということです。

 

もしあなたが商材を実践していてなかなか先へ進めない場合、
もう一度読み返してみてください。

きっと突破口が見つかるはずですよーー。






今日も訪問ありがとうございます!

ブログランキングに参加しています。
応援の為にクリックしてくれると跳んで喜びます。

わぁぁぁぁい!!!

今後とも当ブログをよろしくお願いします!
↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ

そしてこちら、拡散していただけるとさらに喜びます!
↓↓↓↓

のびのびした自由な生活を送るメルマガ配信中

ふみたんと一緒に自由を満喫する世界を目指しませんか?あなたの参加をお持ちしています。

コメントを残す