目標を達成する計画の立て方

どうも、ふみたんです。

学生さんはもうすぐ夏休みだそうですよ。

夏休みと言えば宿題が真っ先に浮かぶのですが、
計画的にやるタイプでしたか?それともギリギリでやるタイプでしたか?

 

僕は最初計画を立てるけどうまくいかず、
結局最後に一気に終わらすタイプでした。

うん、よくあるダメパターンってやつだよね。

 

最初の3日くらいはちゃんとやるけど、
そこからは全く宿題なんてしない。

ずーっとゲームばかりしてました。

 

そのツケが8月後半に一気に押し寄せ、
記憶を頼りに絵日記を描いたのが懐かしいです。

「今日の天気」の部分はもう適当ですよ(笑)

 

さて、こんな感じで子供の頃は全く計画性のない僕ですが、
大人になった今はある程度計画的な男になりました。

記憶を頼りに日記を書くようなことはもうしませんよ。

って言うか、むしろ思い出せないからね。
その日のうちにやらねばです!

 

で、この計画の立て方なんですけど、
目標を達成する計画と達成できない計画の2つがあるってご存知ですか?

あなたが目標を立てても計画通りにいかない場合、
もしかすると達成できない計画を立てているからかもしれません。

というわけで今回は、
目標を達成する計画の立て方について喋ります!

 

イメージできるかどうかが大事

階段を登る

計画を立てる場合、まずゴールとなる目標を設定するかと思います。

この目標設定ですが、
現状のレベルでしっかりとイメージできるかどうかで設定してください。

あまりレベルが高すぎると全然イメージができないので、
行動する動機としてはイマイチです。

それどころか現状とのギャップにうんざりしてしまい、
やる気そのものを失いかねません。

そうなるとせっかくの計画もパァですからね。

そんなことには絶対なりたくありません!

 

わかりやすく登山に例えてみましょう。

一度も登山をしたことのない人がいきなりエベレスト制覇を目指すのは無謀ですよね。

エベレストの山頂に立つ自分を想像しようにもイマイチピンと来ないですし、
そもそも登山自体どのようなものなのかイメージできてないはずです。

 

しかし、近所の50メートルほどの上り坂を登りきった自分ならイメージできます。

これがすごく大事。

このイメージができれば具体的な計画を立てやすくなります。

 

「どのようにすれば30メートルの上り坂を登ることができるのか?」

「今の自分に足りないものは何か?」

「1ヶ月単位、1日単位で何をやればいいか?」

 

こんな感じのやつね。

 

これらを一つ一つこなしていくことで、
ようやく坂を登りきることができます。

登りきったらレベルが1つアップしているので、
そのレベルにあった目標と計画を立てます。

それもクリアしたらまた次のレベルに合わせて目標設定。

これの繰り返しです。

 

目標達成のイメージができない場合、
それは今のあなたにとって高すぎる目標なのかもしれません。

 

「目標を下げるのはみっともない」

「プライドが許さん!」

 

って感じることもあるかもしれませんが、
下げることで達成できるならどんどん下げちゃいましょう。

変な感情で目標達成を妨げるのはすごくもったいないですからね。






今日も訪問ありがとうございます!

ブログランキングに参加しています。
応援の為にクリックしてくれると跳んで喜びます。

わぁぁぁぁい!!!

今後とも当ブログをよろしくお願いします!
↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ

そしてこちら、拡散していただけるとさらに喜びます!
↓↓↓↓

のびのびした自由な生活を送るメルマガ配信中

ふみたんと一緒に自由を満喫する世界を目指しませんか?あなたの参加をお持ちしています。

1件のコメント

  • こんにちは!
    計画を立てることで、やることが明確にもなりますね。
    目標を下げてもいい。達成できるのなら、どんどん下げちゃいましょう、という言葉で、気持ちが楽になりますね。
    一歩一歩ですね^^

コメントを残す