公務員の副業、アフィリエイトはばれない?

どうも、ふみたんです!

きのうの記事で公務員について話したじゃないですか。

もし、公務員になっていたらという記事です。

この記事書いてる途中、ある疑問が浮かんだんですね。

それがこれ。

 

公務員は副業でアフィリエイトをやっても大丈夫なのか?

 

気になったのでちょっと調べてみました!

 

公務員は副業禁止

home-office-336373_640

 

基本的に公務員は副業禁止です。
もちろんアルバイトもダメですよ。

地方公務員法・国家公務員法という法律でちゃんと定められています。

 

なぜ禁止されているのか?

その理由は主に以下の3つを守るためです。

 

職務専念

副業をすることにより本来の公務に支障が出てはダメ

 

秘密保持

公務で知りえた情報を他で使われないようにするため

 

信用確保

世間的にイメージの良くない副業のせいで、
勤務先の信用を損なわないようにするため

 

要するに公務員は公正や中立性が要求されるので、
その信頼性を失うようなことはするなということですね。

副業をするとそれに触れる可能性があるので禁止になっています。

 

これを破るとなにかしらの罰則があります。

最悪の場合、解雇になるのかな。うん。

 

副業としてアフィリエイトをする場合も例外ではありません。

 

ASPに登録する際に家族の名前を使ったり、
振込口座も家族のを使えばばれないかもしれません。

でもこれはASPの規約に違反する可能性があります!

そうなったらせっかくの報酬はパァになり、
公務員自体解雇されるかもしれません。

 

ただし、自分がメインで活動しているのではなく、
あくまで家族のサポート程度なら問題はないかと思います。

そのサポート範囲がどの程度ならOKなのかはよくわかりませんが。

 

副業が認められる場合がある

公務員は基本的に副業禁止ですが、
なかには認められているものもあります。

それがこちら。

 

  • 農林水産業
  • 一定規模以下の不動産賃貸
  • 宗教活動による寄付やお布施
  • 農業協同組合・消費生活協同組合等の非営利目的団体で、無報酬の役員に就く場合
  • 資産運用による収入
  • 教育関係の執筆活動(教員のみ)
  • 任命権者の許可を得た場合

 

副業で稼ぎたいのであれば、
以上の内容のものをやってみることをおススメします。

 

あ、一応念のために言っておきます。

これは現在の法律上認められているということであって、
今後法律が変更されれば禁止になる可能性はあります。

副業を始める場合はちゃんと自分自身で確認とってくださいね。

 

まとめ

公務員は基本的に副業禁止です。

これはアフィリエイトも例外ではありません。
家族の名義を使ってもいずれはばれます。

公務員として副業を始めるなら許されている範囲内でやることをおススメします。

 

編集後記

NHKの将棋番組を録画したと思ったら、
間違えて囲碁番組を録画していまいした。

「えっ!?・・・ちょ・・・なぜ囲碁に」

一瞬頭が真っ白ですよ。

 

実は将棋番組の後にすぐ囲碁番組が始まるんですね。

予約録画セットするときに番組表を見間違えていたんです。

 

試しにちょっと見てみたんですけど、

「あ~、囲碁全然わかんねーー!」

と叫んで録画をその場で消しました。

 

まぁ、ルールを覚えて実際に対局したら面白いのでしょうが、
今の僕は将棋でいっぱいいっぱいです。

 

今度は間違えないぞーー!






今日も訪問ありがとうございます!

ブログランキングに参加しています。
応援の為にクリックしてくれると跳んで喜びます。

わぁぁぁぁい!!!

今後とも当ブログをよろしくお願いします!
↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ

そしてこちら、拡散していただけるとさらに喜びます!
↓↓↓↓

のびのびした自由な生活を送るメルマガ配信中

ふみたんと一緒に自由を満喫する世界を目指しませんか?あなたの参加をお持ちしています。

コメントを残す