バイトだと時給×時間以上は稼げない

どうも、ふみたんです!

バイト始めて約3週間が経過しました。
もうね、バイト辞めたい(笑)

新しく入ったばかりだから当然ですが、
色々と覚えることが多くていっぱいいっぱいです。

 

「こんなん、覚えられるか~!!」

 

って、頭がパンクしちゃいそうです。

 

あと、個人的に気になるのがコレ。

 

「休憩時間にでもコレ読んで予習しといて」

「退勤したあとにちゃんと復習してください」

 

いやー、それって勤務時間外だよね?

給料発生しないんじゃ・・・

勤務時間外にまでバイトのこと考えたくないぜよ。

 

つーか、勤務時間外にまでこっちくんじゃねーよ!

バイトに使う時間ははシフト表に書かれた時間だけで十分だァァ!

 

という気がしてならないのです。

バイト生としては失格だね(笑)
バイト先の人がこれ読んでたら大変だ!

 

 

まぁ、確かにわかりますよ、うん。

早く仕事覚えなきゃいけないですし、
バイト先からすると仕事できない奴に給料は支払いたくないでしょう。

時給なのでその時間内でできるだけ仕事してくれたほうが、
バイト先としては嬉しい限りだということはわかります。

 

同じ給料支払うなら仕事できない人よりできる人ですもんね。

僕が逆の立場でもきっとそう考えると思います。

 

 

でもねー、やっぱりそういうのって嫌だねーー。

だってこれ、どんなに頑張ってももらえる金額は同じってことですよね。

 

時給で雇われる以上1時間マジメに仕事しようが
鼻くそほじっていようがもらえる給料は同じです。

まぁ、鼻くそほじっている人はそのうちクビになるなり減給されるのでしょうが、
基本的に時給はそういうことです。

自分の時間を切り売りしてるというわけですね。

 

それに時給で働くってことは、
どう頑張ってもその時給×時間以上は稼げません。

 

時給800円だとすると5時間バイトして4,000円。

24時間ぶっ続けでバイトしても19,200円です。

これを7日間で134,400円。

1ヶ月(30日)では576,000円です。

 

どんなに頑張っても576,000円どまりです。

実際には24時間働き続けるというのは無理なので、
もらえる金額は多くてもこれの半分いくかいかないかでしょう。

体力的精神的にかなり無理すると思うので長くは続かないでしょうが・・・

 

「自分の時間ないじゃねぇかァァァ!!」

「ぎゃぁぁぁぁッ!!」

 

だよね、ほんと。

 

 

それに比べアフィリエイトは頑張った分だけ収入になります。

アフィリエイトは時給じゃないですからね。

 

「成果報酬」ってやつです。

 

自分の成果に対しての報酬です。

もちろん時給ではないので、
まる1日作業しても全然稼げないこともあります。

僕も最初のころは1日50円とかありました。

 

でも、逆にたった1時間の作業でも成果を出せば稼げます。

空いた時間はお好きにどうぞ。わーい♪

ということが待ってます。嬉しい限りだよね^^

 

同じ頑張るなら時給よりもこっちの方が僕としては良いです。

現状はブログがペナルティを受けて収入がガクッと下がり、
その場しのぎのアルバイトでなんとかという状況ですが、
自分の時間が奪われるのは腹立ちます。

 

「あの~店長、決まってる分のシフトは出勤するので辞めさせて下さい。」

 

という言葉を1日も早く言うためにも、
アフィリエイトの作業を頑張ろう!

時給について考えたらそういう気持ちが強くなるよね。

 

 

編集後記

この記事書いてるときのことなんですが、
パソコンの画面に虫がいたので取り払おうとしたんです。

クリーナーでサッとひと拭き。

しかし、虫はまだ残ったまま。

 

「あれ、おかしいな。虫が消えないぞ。もう一度」

サッ!

 

「ふう、これで消えた・・・まだいやがる!」

なかなか消えない虫にイライラしつつ、
画面をよーく見るとビックリ!

 

なんとこの虫、ディスプレイの内側にいるじゃないですか!

どうりで払おうとしても消えないわけです。

 

どこから侵入したのでしょうか?

というか動き回って気が散る。

 

早く出て行ってくれーー!






今日も訪問ありがとうございます!

ブログランキングに参加しています。
応援の為にクリックしてくれると跳んで喜びます。

わぁぁぁぁい!!!

今後とも当ブログをよろしくお願いします!
↓↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ

そしてこちら、拡散していただけるとさらに喜びます!
↓↓↓↓

のびのびした自由な生活を送るメルマガ配信中

ふみたんと一緒に自由を満喫する世界を目指しませんか?あなたの参加をお持ちしています。

コメントを残す